口内炎

口内炎ができると食事をする際も痛くて食べることができませんよね!
誰でも一度はそんな経験があると思います。

只、1年に1度くらいなら仕方ありませんが、
毎月や数か月に1度は必ずなるという人は注意が必要です。

この口内炎ができないようにするには、日常の食事できちんと栄養バランスの良い食事を心がける必要がります。
特にビタミン類が不足することで口内炎ができてしまうと言われています。

そのため、なるべく、ビタミンが多く含まれているものを食べてくださいね。

お勧めできて手軽にビタミンを摂る方法ですが、食後のデザートに果物を食べることです。
というのも、ほとんどの果物にビタミンが含まれています。

また、日常の食事は決まった時間に食べるようにしましょう。口内炎のできる原因として「栄養バランスの乱れ」や「ストレス」「内臓不全」「睡眠不足」「口腔内の不潔」などが挙げられているのですが、全て日常の生活に関係しています。

原因を作らないように規則正しい生活を送ることにより、痛い口内炎を予防することができます。さらに口内炎ができている場合には、刺激を与えないようにすることも大切です。

食事は雑炊やお粥などを食べるようにしましょうね!

さらに辛い物を良く食べる人や、タバコを吸う人は特に注意が必要です。

また、日頃から口腔内をキレイにすることも忘れないようにしましょう。

朝晩は自宅でハミガキをすることができると思いますが、昼は職場という方は、ハミガキできない場合でも
うがいをするなど心がけることも大切になります。

ところで、口内炎の治療薬ですが、塗るタイプと張るタイプのものがあります。
薬を使って様子を見るのも良いと思いますが、何よりも第一に刺激を与えないことと、日常の生活でよく口内炎ができると言う方は、予防や対策を行うようにしましょう。

最近では便利な時代となり、弁当やインスタント食品の食事が多くなっている人もいるのですが、きちんと健康を維持するためにも、様々な問題を抱えないためにも、日常の生活で野菜を多く摂取するように心がけることも、口内炎も防ぐことができる方法ですよ!

 

おすすめコンテンツ記事


Copyright (C) 2005 FUJI WELFARE FOUNDATION. All ights Reserved  リンク集サイトマップ福祉のあれこれブログ