カスタマイズメーカーあれこれ

車をカスタマイズするのはさまざまな理由からです。
以前はカー用品店・カーショップなどでされていました。
近年は自動車メーカーによってカスタマイズされています。

保証内容も手厚くなっています。
また、クオリティも高いものが選ばれています。

メーカーによるカスタマイズはスポーツカーだけではないです。
道路パトロールカー・救急車等がカスタマイズされているのです。
メーカー直系カスタマイズメーカーをお伝えしていきます。

カスタムって?

カスタムというのは、利用目的に応じた仕様変更をすることです。
目的に沿ってカスタマイズされた車を、カスタマイズカーと言います。
何もカスタムを施していないものは、ストック・ノーマル・オリジナルと言います。

大阪オートメッセ・東京オートサロンなどでイベントが開催されています。
車好きの方であれば、見に行ったことがあるかと思います。

一番初めに発売したのは、トヨタ自動車だとされています。
その後ダイハツやホンダ・三菱などがカスタム設定しています。

救急車や、福祉車両などにカスタマイズされたものもあります。
福祉車両は、福祉施設などに寄贈されたりして使われています。
カスタマイズメーカーも、さまざまなものがあります。
カスタマイズメーカーは色々ある

ディベロップメント&トヨタカスタマイジング

トヨタカスタマイジング&ディベロップメントというのがあります。
聞いたことがない名前ではないかと思います。
2018年の4月に3社統合で登場しました。
ジェータクス・トヨタテクノクラフト・トヨタモデリスタインターナショナルです。

モデリスタやTRDと言われるブランド商品を取り扱う新しい会社です。
この会社では、以前登場した14R-60も取り扱っています。
また、コンフォートGT-Zもあります。

86Racingは、ワンメイクレースに使われる車です。
SUPER GTに参戦するレーシングカーも取り扱っています。

その他にも、高速道路用の道路巡回パトロールカーもあります。
ハイメディックという高規格救急車もあります。

オーテックジャパン

オーテックジャパンは日産自動車の直系メーカーです。
近年ではNISMOロードカーシリーズがあります。
これはスポーツコンバージョンモデルと呼ばれています。

また、AUTECHシリーズというでも知られています。
プレミアムスポーツブランドでオーテックブルーとなっています。
ボレロ・ライダーなどのカスタムカーもあります。

これらもオーテックのモデルとなっています。

さらに福祉車両となっているのがライフケアビークルです。
回転シートで車に乗降しやすいものや車椅子も乗せられるものもあります。

利用者の希望に合った車となっているのです。
それ以外にタクシーや商用車・教習車もあります。
このように様々な車両が揃っているのです。

マツダE&T

マツダE&Tはエンジニアリング&テクノロジーの頭文字です。
マツダに関連した企業ということになります。
1980年代後半の頃は輸入車を改善していたそうです。

その頃販のランチア・シトロエンを販売していました。
オートザム店やユーノス店で販売されていたものです。
今では教習車・福祉車両・商用特装車が主です。

また、モーターショー用の車の製作にも携わっています。
ボンゴフレンディキャンピングカーも架装しています。
また、ロードスターのクーペ・ターボモデルの架装もしています。

架装というのは車両に積載される装備を言います。
初代ロードスターのレストアプロジェクトも実施されています。
レストアを見たら質の高さがわかります。
カスタマイズカーはとても便利

まとめ

カスタマイズカーはメーカーによってさまざまです。
福祉車両や商用車・タクシー・高規格救急車などがあります。
また、道路巡回パトロールカーや教習車もあるのです。

聞いた事のないメーカーもあるのではないかと思います。
これらの車両はどこかしらで見かけることもあるはずです。

教習車は自動車教習所や実地教習でよく見かける車です。
福祉車両や福祉タクシーはとても役立ちます。
直系メーカーには、他にも色んな車両があります。