世界のアイコニックカップル

愛はどんな事にも勝つことの出来る感情です。
お互いを愛しているからこそ、言い争いもたくさんします。
結婚した人達の中には音楽で名を馳せた人もいます。

また、芸術・文学で有名となった人達もいます。
どんな時代となっても語られ続けるセレブカップルがいるのです。
アイコニックカップルであるとも言えます。

アイコニックというのは肖像という意味の言葉です。
ファッション業界などでも使われます。
そんな夫婦を6組紹介します。

ヘンリー王子&メーガン・マークル、エドワード8世&ウォリス・シンプソン

ヘンリー王子とメーガン妃が挙式をしたのが昨年5月です。
女優で離婚歴を持っていたのがメーガン・マークルさんでした。
それでも、ロイヤルファミリーとなったのは愛し合っていたからです。

2017年11月にヘンリー王子からのプロポーズを受けました。
場所はケンジントン宮殿の自宅だったそうです。
今では今年5月に誕生したアーチーくんの育児に励んでいます。
公務もしっかりとこなしています。

エドワード8世の恋の相手となったのがウォリス・シンプソンさんです。
アメリカ人女性で離婚歴もあった為、衝撃的でした。
猛反対された彼は退位し、ウォリスさんと結婚したそうです。
ロイヤルファミリーと離れてフランスで暮らしたのだと言います。

ジョアン・ウッドワード&ポール・ニューマン

ポール・ニューマンさんは有名な俳優さんです。
ジョアン・ウッドワードさんとは舞台『ピクニック』で共演しました。
それが2人の出逢いのきっかけとなったそうです。

そして『長く熱い夜』という映画の撮影を終えた後結婚します。
2人の結婚生活は50年という長い間続いたのだそうです。

ポールさんは、ジョアンさんとの結婚についての質問にこう答えました。
『僕はステーキを家で食べてる。どうして外でハンバーガーを食べるんだい?』
ポールさんとジョアンさんはコネチカット州・ウェストポートへ移り住みます。

カリフォルニアでは、どうしても関心が集中してしまうからです。
そして、ポールさんが2008年に亡くなるまで住んでいたそうです。

50年も寄り添った

モナコ大公レーニエ3世&グレース・ケリー、ジョン・F・ケネディJr.&キャロリン・ベセット

女優のグレース・ケリーはレーニエ大公と結婚しました。
泥棒成金という映画の撮影でコート・ダジュールに来ていたそうです。
そんな彼女に惚れたのがレーニエ大公でした。

手紙での求愛をしたのちにグレースの実家で婚約を発表したそうです。
1956年に結婚しますが、1982年にグレースが事故で亡くなってしまいます。
その後ずっとレーニエ大公は独身でいたのだそうです。

ジョン・F・ケネディJr.&キャロリン・ベセットはひっそりと式を挙げました。
人々からの注目や虚偽のニュースから避けるためです。
普通の生活をする為に、時には喧嘩をしながらも愛し合っていました。
しかし、1999年7月飛行機事故で命を落としてしまったのです。

ジョージ・クルーニー&アマル・アラムディン

俳優ジョージ・クルーニーさんは長い間ずっと独身貴族を楽しんでいました。
そんな彼が急にイギリスの人権派女性弁護士に恋をします。
このことはとても有名な話です。

出逢いのきっかけは共通の友人を通じてだそうです。
2人はメールをするようになったといいます。
ジョージ・クルーニーさんが愛犬になってメールしていたそうです。

半年経った頃に料理をしながらプロポーズしました。
『Why Shouldn‘t I?(なぜするべきではないのか?)』という曲だったそうです。
『どうして恋しちゃダメなのかを歌ったんだ、いい曲だよ』とジョージは言います。
今は自身の俳優業とアマルの弁護士キャリア、双子の子供達との生活を調整しています。

ひとめ惚れの恋愛もある

まとめ

世界に愛された俳優や女優はたくさんいます。
色んなきっかけで出逢い、恋をして結婚した人達もいるのです。
長い間ずっと夫婦として寄り添った人もいます。

また、パートナーを事故で失ってからも独り身でいた人もいます。
独身貴族だった生活から突然恋に落ち、結婚した俳優さんもいます。

アイコニックカップルとして知られている人もいるのです。
名の知れた人達ばかりです。
俳優さん・女優さんファンの人達もたくさんいるはずです。