夫婦で財布を別々にしないほうがいい?

10月に入り、消費税増税となりました。
主婦にとっては、頭の痛いことではないかと思います。
家計簿を見なおす必要がある人もいるはずです。

日頃の生活で赤字となっていると、増税で増える場合があります。
可能な限り黒字へと戻したいと考えているはずです。
増税後でも、うまく貯蓄していけるよう見直してみてください。

家計簿が赤字のままで困っている方もいるかもしれないです。
今回は見直しの要点についてご紹介していきます。

①予備費

保険・生活費・税金に加えて貯蓄を書いている人もいると思います。
これにもうひとつ、家計簿へ『予備費』を書き加えてみてください。
お金を手元に残すのは貯蓄しているのと変わりないです。

貯蓄している分から引き出していると減るばかりです。
『予備費』から出すなら貯蓄を崩さないままで貯金していけます。
急な出費で貯蓄にも響かないのです。

これはとても大きなポイントになるとも言えます。
冠婚葬祭はご香典・ご祝儀・交通費などが掛かります。
このような場合多くの出費となるので貯蓄から出すときついです。

『予備費』と『貯蓄』とでふたつに分けて考えておいて下さい。
そうすれば赤字となっている家計簿も少しずつ改善していけるはずです。

家計簿に『予備費』を加えてみよう

②娯楽費

家計を見直す時、見直し項目のひとつとして娯楽費が挙げられます。
娯楽費は、家賃や通信費とは別なので削減することができます。
娯楽費は、日用品・食費にあたらない楽しみに掛かる出費となります。

家計簿が赤字になっていると、娯楽費用が把握しきれてない事があります。
ただ、ここでの『収入に見合う娯楽費』はそれぞれ違います。
赤字になるほど娯楽費に充てていると、使いすぎとなっています。

娯楽費を無くすことはせずとも、許容範囲内で楽しんでみてください。
毎月出しているお小遣いなどを見直してみてください。

また、旅費などについても今一度見直してみるといいかと思います。
そうすれば、赤字も解消されていくのではないかと思います。

③使途不明金、雑費

家計が赤字な人は、使途不明金や雑費が多い事があります。
使途不明金及び雑費は、出来る限り使い方をチェックしておいてください。
雑費や使途不明金がはっきりすれば、家計簿も確実になります。

食費・貯蓄といった項目へ回せるといったこともあります。
レシートを受け取れる店であれば、保管をしておきます。
記載されている項目や金額を見直してみてください。

もし受け取れない時は家計簿に記す癖をつけておきます。
しっかりと使途不明金を減らすのが重要となります。
家計簿を管理したりレシート保管が負担になる人もいると思います。

そのような場合はキャッシュレス決済や電子マネーが便利です。
利用履歴が残るので管理もしやすくなるはずです。

家計簿をしっかり見なおそう

④減らす以外にも増やせるように

少しでも出費を抑えるために特売日にスーパーへ行くのもひとつです。
また、家族みんなで節約していくことも大切です。
ですが、この先は節約以外にも増やしていく事も重要です。

副業ができる会社なら始めるのもひとつの方法です。
また、株式投資を始めてみるというのもいいかと思います。
何をどうやって始めるかは人それぞれ違います。

減らす事に限界だと思った時が増やすチャンスかもしれないです。
手持ちのお金が増えるのだから、家族にも家計にもプラスになるわけです。
少しでも収入を増やせたら、娯楽費や食費などにも充てられます。

QOLが向上することにもつながっていくはずなのです。
どれだけ人間らしい生活を送っているかという事です。

まとめ

赤字で困っている場合は、黒字に戻す事が大切です。
毎月の支出がどのようになっているか一度見直してみてください。
どれが使いすぎているかがわかるようになります。

見直しをしていけば、節約ができるようにもなっていくのです。
赤字となっている時は見直すべき項目がわからないことがあります。

また、それがわかったとしても実行できないことがあるのです。
普段どうやって家計をやりくりしているのか家族で会話してみてください。