年金問題。今こそ見直すべきではないだろうか?

現在の日本社会は高齢化社会かつ少子化により、色々な打撃を受け始めている。

中でも問題視されているのが年金です。

高齢者は自分が働いていた時に約束されていた金額よりも減額されていて、年金を受給する年齢も60歳から65歳に変更されました。

60歳でもらえると思って働いてきたのに65歳に変更されてしまい、仕方なく65歳前より早い年齢で年金をもらうと65歳でもらえる金額よりも更に減額になってしまいます。

続きを読む