遺言書を巡る裁判、最高裁の判決に疑問あり?

日本では、遺産相続は法律で定められており、基本的には配偶者が2分の1、子供はその残りを人数分で割る様になっています。

しかし、遺言書などがあれば遺産相続は遺言書に従って配分されることになります。

その遺言書に対して意義がある場合は、地方裁判所に申し立てをして裁判を行います。

続きを読む

財産は誰のもの?

親が亡くなると、親が遺した遺産が出てきます。

借金などのマイナスの遺産であれば、遺産放棄を法的手続きでキチンと行なえば遺産を放棄したことになるので、マイナスの遺産を相続したことにはなりません。

しかし、親が遺した遺産がプラスの遺産で金額も高額になれが、相続できる人にとっては有り難い話しではあります。

続きを読む