人材が不足している介護サービス

高齢化社会として高齢者が増えている日本は、一方で子供が少ない少子化社会でもあります。

今現在の高齢者と呼ばれている世代の人たちは、戦後、高度経済成長の日本を作り上げたベビーブームの時代の人たちです。

ベビーブームにより学校などではマンモス校と呼ばれるような、1クラスに40名以上でクラス数が多い学校も珍しくありませんでした。

しかしその後の日本は子供の誕生数が減少しており、今では深刻な少子化社会となっています。

続きを読む

不足している老人サービス施設による待機老人の増加

4人に1人が65歳以上と言われている高齢化社会の日本。

高齢化社会がやってくるコトはベビーブームの時代と共に予想出来ていたコトなのに、高齢者たちの居場所がなく、充分な介護生活を送ることができない高齢者が年々、増加している。

高齢化社会がやってくるコトが分かっていたハズなのに、入居できる老人ホームや特別養老施設などが不足していて大きな問題となっている。

待機児童ならず待機老人が増加しているのだ。

日本は、世界の中でも長命国と言われている。

続きを読む

高齢化社会と残業ゼロをどうとらえるべきか?

日本の労働法では職種によって残業時間が決まっており、残業代も支払われることにはなっています。

しかし、現実で労働法をキッチリと100%守っている会社は皆無に等しいのではないでしょうか。

労働法に決められた残業時間を遥かに越えての残業の毎日で休日も月に1回しかない、それだけ残業しているのにも関わらず残業代を支払わない、という企業が大半です。

続きを読む